SYMMETRIC Web開発ブログ
レスポンシブWebデザイン、CSSフレームワークなど、Webフロントエンド開発に関するBLOGです。
※SYMMETRIC公式BLOGと統合し、ブログ名称を変更しました

All in One SEO Packの設定方法と使い方

All in One SEO Pack は導入実績やネット情報の情報も多く大変すばらしいプラグインなのですが、多機能ゆえに設定項目が多すぎるという点が、唯一の難点かもしれません。

シンメトリックでは「SEOに強いサイト制作サービス」というSEO最適化に重きを置いた製作サービスを展開しています。製作時にはWordPressを使用することも多いです。

今回は弊社のこれまでの構築経験から、All in One SEO Packでこれだけは最低限必要という設定項目や使い方をまとめてみました。

All in One SEO Packとは

All in One SEO Packは、WordPressで構築したサイトのSEO最適化を実現するプラグインです。その名の通り、このプラグインをインストールするとウェブページのタイトルやディスクリプション、XMLサイトマップといったSEO最適化に必要な事を一通り設定することができます。

All in One SEO Packのインストール方法

プラグインをインストールする

プラグイン新規追加画面で、”All in One SEO”を入力して検索し、インストールしましょう。

All in One SEO Packプラグインをインストール

インストールと併せて、プラグインを有効化しておきましょう。

All in One SEO Packの設定

はじめに結論から。SEO最適化という観点では、All in One SEO Packはこれだけ設定しておけば十分です。

  1. ホームページ設定
  2. Noindex設定
  3. XMLサイトマップ

ホームページ設定

ホームページ設定では、どのようなサイトを構築するかによって設定内容が異なります。

WordPressで構築したサイトにはホームページが二種類あります。一つは「最新の投稿」を一覧表示する形式で、もう一つは特定の固定ページをホームページとして設定する形式です。

ブログサイトなどは前者のパターンになりますし、企業のコーポレートサイトを構築する場合は後者になります。ホームページをどちらの形式にするかは、「設定>表示設定」から変更することができます(デフォルトは「最新の投稿」)。

ブログサイトを構築する場合

  • 「ホームタイトル」「ホームのディスクリプション」 ⇒ 入力必須
  • 「固定フロントページを代用」 ⇒ 「無効」を選択

コーポレートサイトなど固定ページを使用する場合

  • 「固定フロントページを代用」 ⇒ 「有効」を選択

Noindex設定

noindex

検索エンジンのクローラーを制御する noindex、nofollow の設定は重要なSEO施策です。

重複ページや404ページといったページは、検索結果にインデックスする必要が無い場合がほとんどです。こういったページに noindex を設定する事で、インデックスを防ぎ、質の高いページのみをインデックスすることでサイト全体の評価を高めることができます。

nofollow

nofollow を設定したページは、クローラーがページ上にあるリンク先をクロールしない様に制御することができます。リンク先に以下の様なページがある場合は nofollow を設定しておきましょう。

  • ユーザーの投稿ページなど、信頼できないコンテンツ
  • ログインが必要なマイページ
  • 競合他社のサービスサイト

Noindex設定では投稿タイプ毎に、 noindex、nofollow を有効化することができます。また、アーカイブページや404ページに範囲を限定して noindex、nofollow を有効化することも可能です。チェック一つで有効化できるのでとても簡単ですね。

Noindex設定

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、サイトを構成するページのURLや最終更新日をリストしたファイルです。XMLサイトマップを配置しておくことで、Googleがサイト上のページを効率的に見つけ出すことができます。All in One SEO PackはXMLサイトマップを生成することができます。

XMLサイトマップ

デフォルトの設定から以下の項目は見直しておきましょう。

更新を予約

選択したスケジュールに基づいて、サイトマップを更新することができます。投稿頻度に併せて設定しておきましょう。

投稿タイプ

カスタム投稿タイプを使用してページを製作している場合は、チェックを入れておきましょう。

XMLサイトマップの設定画面が見当たらない場合は、機能が無効化されているかもしれません。[All in One SEO Pack]-[機能管理]メニューで、XMLサイトマップ機能を有効化しておきましょう。

All in One SEO Packの機能管理画面

All in One SEO Packの使い方

各投稿ページからページ個別の設定もしていきましょう。

ここでは 説明欄にページの概要(ディスクリプション)を入力しましょう。説明欄に入力した内容はGoogleの検索結果一覧に表示されます。ユーザーがサイトへ流入する様に促す重要な文章です。ユーザーの検索キーワードと一致する用語がある場合はハイライト表示されるので、検索されそうなキーワードを積極的に含めるようにしましょう。

また、プラグイン全体で設定した noindex、nofollow の設定を、投稿ページ個別に指定することもできます。

まとめ

SEO最適化という観点で、必要最低限な設定項目をまとめていました。All in One SEO Packは機能が豊富なプラグインですが、必要最低限な設定項目に絞ると意外とシンプルにまとまりますね。

今回ご紹介した機能以外にもAll in One SEO Packには豊富な機能があるので、使いこなせれば強力なツールになること間違いなしです。

しかしながら、All in One SEO PackをインストールするだけでSEO対策が万全かというわけではありません。SEO効果を上げるには、SEOに強いサイト構造を作り上げていくことが大切です。この機会に、SEOに強いサイト構造を理解してみませんか?

SEOに強いサイト制作サービス | 株式会社シンメトリック

Page Top