alter.js BLOG
レスポンシブWebデザイン、CSSフレームワークなど、Webフロントエンド開発に関するBLOGです。

PCスマホ変換は大規模な動的サイトこそ導入を検討すべき

PCスマホ変換は大規模な動的サイトこそ導入を検討すべき

Webサイトの性質によって、変換によって大きなメリットを得られるサイトと、そうでないサイトがあります。

一般的にPCスマホ変換は、ツールやサービスを導入すれば即最適なUIが出来上がるわけではありません。多かれ少なかれ、何らかのカスタマイズ(設定値の調整、ルール設定、プログラミング等)が必要です。各ツールの差別化のポイントの1つは、どんなカスタマイズが、どれくらい簡単にできるか、という点です。そして、この必要不可欠なカスタマイズには、デザインに応じた相応のコストが掛ってきます。

PCスマホ変換ならジーンコード

ハンドメイドした静的PCサイトはPCスマホ変換に不向き

企業HPや店舗情報に多く見られる、ハンドメイドで1ページ1ページ個別にデザインされた静的なPCサイトでは、文書構造やリソースが個々のページで異なります。その為、PCスマホ変換のカスタマイズにおいても、個別に設定やプログラミングが発生し、それが共有ができない難点があります。ハンドメイド故に、変更時に文書構造が変わりやすく、変換が効かなくなるリスクが高い点もあります。コスト優位性の低さと動作の不安定さ故に、ハンドメイドのWebページにPCスマホ変換は不向きと言えます。

ハンドメイド・サイトには、レスポンシブWebデザインまたは自動解析・変換

ハンドメイドの静的サイトの場合、様々なデータパターンに対応する必要は無いこともあり、最も現実的な1ソース手法はレスポンシブWebデザインです。また、PCスマホ変換は基本的には難しいのですが、静的コンテンツに特化し、独自なカスタマイズ性よりも自動コンテンツ解析・生成にフォーカスした安価なPCスマホ変換ツールもあります。うまく自動出力がはまれば、コストと安定性の課題が小さくなるので、試す価値はあるでしょう。

システム出力の動的PCサイトはPCスマホ変換向き

一方、ECや求人、ニュースサイト、各種会員サービスなど、システムがデータベース(DB)と接続している動的なPCサイト(CMS等で静的コンテンツをパブリッシュするケースを含む)では、出力される文書構造がパターン化されています。これにより、1つのカスタマイズ設定を多くのページで共有することができます。変更時も文書構造ではなくデータだけが変わるので、変換を常時正しく行うことができます。

システムスケールが大きいほど、コスト削減効果が高い

コストにおいては、DBアプリケーションを構築・運用をせずに同等の機能を実現できる為に、非常に大きなメリットを得ることが可能です。つまり、PCスマホ変換のコストメリットは、スマホのデザインを不要にすることで発生するのではなく(むしろ、コストを掛けるべき)、DBアプリケーションの構築・運用を削減できるところにあります。よって大規模で複雑なWebアプリケーションこそ、PCスマホ変換の導入を検討する価値があるでしょう。

bnr_bottom_gc_blue

 

シンメトリックでは、スマホサイトを制作するだけでマルチデバイス対応を実現する「スマホのサイト制作。PCは自動変換 | alter.js」を提供しています。
スマホ中心のサイト制作、リニューアルをお考えでしたら、ぜひ使ってみてください。

Page Top